記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤2回目


IMG_4291.jpg

今日の流れ

血液検査(白血球数値が戻っているか)
⬇︎
看護師の事前問診(副作用の状態)
⬇︎
院内喫茶店でオムライスとコーヒー
⬇︎
医師診察(副作用を楽にする薬を考え処方)
⬇︎
抗ガン剤投与(fec)
⬇︎
終了


今日も病院は大盛況
化学療法室も人で溢れてる
若い人はいない

化学療法室とは抗ガン剤を投与するお部屋
リクライニングする椅子かベッドを選べる
カーテンで仕切られた20程の個室になっていて
小さなテレビが設置されている
テレビを使う場合はイヤホン持参

待つのにはもう慣れたし
他にも辛い患者さんばかりですもの
大好きな友達が忙しいはずなのにラインでお話してくれるから
つまらなくないもの

抗ガン剤は点滴なので
針を打って体内に薬剤を入れるのですが
私は注射が苦手すぎるの
私には副作用より1番辛い
しかも点滴の針は太いから
針を刺す瞬間に意識が遠のくの
そして体内に薬剤が回るのが感じる時には
もう血圧激減

注射が問題ない人は笑い事で読み飛ばしてくださいね〜

抗ガン剤投与の針は必ず看護師ではなく医師が打ちに来る
なぜか今回も若くて美人
また右手手首にブスリ
いたい
まぁ、毎回痛いのには変わりないけど、今回は更に痛い

私はfecという5種類の点滴を投与するのですが
吐き気どめの薬を飲んで
吐き気どめの点滴を投与されて
抗ガン剤を投与されて
また違う抗ガン剤を投与されて
また違う抗ガン剤を投与されて
最後にお水を投与して終了

2つ目の抗ガン剤を投与されている時
針が刺さっている場所がジンジンズキズキ痛い
これを2時間続けるのはキツイ
とすぐにナースコース
痛みの原因を探って
差し直した方が良いという結果に

無理!
差し直す位なら我慢しますっ
無理無理無理(涙)
と訴えたのですが
ちゃんと針が入ってない場合
薬が外に漏れて皮膚がおかしくなってしまうので
もっと上の上手な先生を呼んできますね

ああ
もういやだーー

悲しくなって自然と涙があふれ出して来て
我慢していたのだけど
情けない事に涙ぼろぼろ

看護婦さんオロオロ
ここで泣く人はあまりいないでしょうね
どれだけ私は弱虫なのかしら


⬇︎リアルに泣いた後(笑)

IMG_4292.jpg


大きな写真ですみません

脱走しようかと一瞬考えました

また素敵な若い女医が現る
ブスリと針が沈む
いたいっ
けど、あれ?我慢できる
これは人によって技術の差が激しいのね 

そこからは終わるまで大人しく
点滴が落ちるのをボンヤリと見ていました
また3週間後にこれかぁ
疲労感と開放感と薬が回ってる感を実感しつつ
トイレへ

うわーオシッコ真っ赤っ

毎回やはりびっくりする
正体は2つ目の赤い点滴

その後
大量の薬を貰って自力で運転して帰りました
運転は好きで得意な方だけど
危ない感じがするから次回からはやめよう

そして次回は必ず注射の上手な先生でお願いします
と始めにお願いしよう

2回目の先生は痛くなかったけど
左腕に7~8cmの紫色のアザになっちゃったし


本日の病院滞在時間は6時間



しかしオムライスのケチャップ
多すぎる



スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
通りすがりで失礼します。
船瀬俊介、抗ガン剤で殺される という著書ご存知でしょうか。内海聡、小林健 など検索するとガンはこわいものでないことがわかります。病院はビジネスですから、お医者さんは自分がガンになっても抗ガン剤は自分には使わないという事実があります。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!
ガンは共存というお話がいっぱいありますね。
私もあまり気負わずに付き合って行こうと思っています。


> こんにちは。
> 通りすがりで失礼します。
> 船瀬俊介、抗ガン剤で殺される という著書ご存知でしょうか。内海聡、小林健 など検索するとガンはこわいものでないことがわかります。病院はビジネスですから、お医者さんは自分がガンになっても抗ガン剤は自分には使わないという事実があります。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。